携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

[広告]

或る人の詩 (執筆中)

作: おすぎ子


今は亡き作者様、勝手に掲載してすいません。

愛する奥様へ書かれた詩から、
作者様の優しさが滲み出ていて
何故だか読みながら私まで涙が勝手に溢れてくる

詩の技術とかルールとかよく知らないけど
愛ってこんな感じなんじゃないかなって
この方の書かれた言葉の一つ一つから
心の奥深くへと響く何かがある

読み終わった後の
心の温度が暑すぎず冷たすぎず、
あったかくて
いつも一定の温度で

自然体で柔らかくて優しくて
強がりのない強さから
自然って何より強いんだなと
教わりました

憧れの詩達です。

目次 最初から読む >>

  • - ・・・ 1
  • - ・・・ 2
  • - ・・・ 3
  • - ・・・ 4
  • - ・・・ 5

※この小説(ノベル)"或る人の詩"の著作権はおすぎ子さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
感動 1
合計 1
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

この小説(ノベル)へのコメント (1件)

Taka.

'18年3月6日 00:00

この小説(ノベル)を評価しました:感動

初めまして。 コメント失礼致します。

とても優しく、とても愛しく、とても切ない想いに、
自然に涙が頬を伝いました。

上手く言えなくて申し訳ないのですが、
愛情と云う感情を言葉に例えると、こんなにも素敵なんだなと、思わせていただきまして、( 私も詩を書いているのですが ) 私の詩は、これ程に、ひとの心に響くものであっただろうか?
そう、自問自答する時間を与えてくださいました。

拙いコメントしか出来ずに、とても歯痒いのですが、
とても感動しました! と、だけ云わせてください!

どうもありがとうございましたm(_ _)m

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P