携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

[広告]

奇才、伊丹十三とはどういう男だったのか (完結作品)

作: ホワイト

1997年12月20日。ある奇才がなくなってもう20年になる。誰しもがこの奇才の謎の死とその生前の活躍は知っていものと思う。あれからもう20年もたつのかと時の流れの速さに日々思うことが色々あるが、奇才の人間、伊丹十三氏が現在、生きていたら、この時の流れの早い世相をどう捉えたか、興味がある一方、この奇才のいないに日本に僕は少し寂しく、もの悲しい。あれから20年。奇才の映画監督、伊丹十三とはどいう男だったのか哀悼の意味を込め振り返ってみたい。

※この小説(ノベル)"奇才、伊丹十三とはどういう男だったのか"の著作権はホワイトさんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。