携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

[広告]

すきとおった森で (完結作品)

作: 関谷俊博

「苦しいんだ」
ユズキは言った。
「昨日の夜も熱が出た」
病室の外では、セミがうるさい位に鳴いていた。
入院して二ヶ月。ユズキの体調は、あまり良くないようだった。
「いつも祈ってるの」
十六夜が言った。
「お兄ちゃんが、学校に戻れるようにって」
ユズキは、父親を早くに亡くし、母親の手ひとつで育てられた。母親が、仕事に出ている間、ユズキは近所の十六夜のうちに預けられることが多かった。
ユズキと十六夜は、兄と妹のようにして育った。
だから十六夜は、ユズキのことを、血が繋がってなくてもお兄ちゃんと呼ぶ。
「描きたいな」
ユズキが、ぼつりともらした。
ユズキは、絵画に秀でた才能を持っていた。
ユズキは、これまで児童画コンクールを総なめにしてきた。
「史上最年少! 十一歳少年がN展佳作に」は、新聞やテレビのニュースにもなった。
ユズキを見ていると、天才とか神童と言うのは、本当にいるんだ、とそう思う。

「ちょっと下の売店に行ってくる」
十六夜が席をはずして、しばらくすると、ユズキは言った。
「なあ、トモヤ。俺には、もっともっと描きたいものが、たくさんあるんだ」
「これから描けばいいさ。お前ならきっと有名な画家になれる」
ユズキはそれには答えずに言った。
「トモヤ。俺は安らかに逝けるだろうか?」
「何、言ってるんだ! お前」
「お前だから話すんだ。夢の途中で、未練を残したまま、俺は逝けるだろうか?」
「まるで最期みたいな言い方をする」
「俺にはわかるんだ。俺はもう駄目だ。だけど、もっと描きたい。それが悔しいんだ」
十六夜が売店から戻ってくるまで、ぼくらはだまったままでいた。

「トモヤ!」
ある日、ぼくが病室に入ると、ユズキは真っ先に、こう声をかけてきた。
「 一時外泊が許されたんだ! もっとも、次の日の夕方には、また病院に戻らなければならないんだけどな」
ユズキの声は、はずんでいた。
「俺は海を描いてみたいんだ。真夏の海を。トモヤ、十六夜。つきあってくれるか?」
「もちろんだ」
「良かったね。お兄ちゃん」

あくる日。ぼくと十六夜は、ユズキの車椅子を押して、海辺の街にまで出かけていった。
海に着くと、ユズキは時間を惜しむかのように、だまったまま、海岸の風景を何枚も何枚も描いた。
やがて、大きなため息をつくと、ユズキは言った。
「もっとどっしり絵の具をつけて、油もやってみたいけど、一日じゃ、これが限界だな」
ユズキの顔は、それでも輝いていた。
夕方、ユズキは病院へと戻った。

ぼくは、濃い霧の中を歩いていた。
ミルク色の霧が、手足にまとわりつき、ぼくはすっかり方向感覚がなくなってしまった。
やがて、霧が次第に晴れてきた。
巨大な森が水晶のようにそびえてい
る。
それは、すきとおった森だった。

「やあ、来たか。トモヤ」
振り返ると、ユズキがそこに立っていた。
「待っていたよ」
「ユズキ」
「ついて来い、トモヤ。お前に見せたいものがあるんだ」
ユズキとぼくは、すきとおった森の中を進んでいった。
風が吹くたび、ガラス細工のような木の葉が、いっせいに音楽を奏でる。
「まわりを見ろ、トモヤ」
すきとおった樹木の中で、ちろちろと青い焔が燃えていた。
「これは命の焔」
ユズキは、一本の木に手を当てた。
すきとおった樹木の中で、赤い焔が燃え盛っている。
「ほら、トモヤの焔は、まだこんなに盛んに燃えている。だけど、そうじゃない命もあるんだ」
ユズキは、またもう一本の木に手を当てた。
そこに焔は見えなかった。
「この木には、もう命が通っていない。やがて崩れて、砂に返ってしまう」
気がつけば、焔が燃え尽きた木も、まわりにはたくさんあるのだ。
焔の燃え方は、それぞれ違っていて、どれ一つ一つとして、同じものはなかった。
揺らめきながら、燃えている焔。
線香花火のように、かすかな火花を散らしながら燃えている焔。
点滅を繰り返しながら燃えている白い焔。
「それぞれの命のあり方が違うように、焔の燃え方もそれぞれに違う」
ユズキは言った。
「命のあり方」
「たとえばトモヤの命のあり方と、俺の命のあり方は違う。ほら、見ろ。これが俺の木だ」
ユズキは、また別の木に手を当てた。
その木の中では、小さなダイヤモンドのような焔が、今にも消えそうに揺らめいていた。
「わかるだろう? 俺にはもう時間が残されていない。だけど、ここはなかなかの景色だ。向こう岸に行くのは、もう少し後にして、ここの景色を描いてみたいんだ」
「ユズキ。どこなんだ? ここは」
「ここは命の森だ」
ユズキはきっぱりと言った。
「トモヤ。いずれにせよ、お別れの言葉を言っておくよ。お前は、きっと間に合わないだろうからな」
ユズキは言った。
「さよなら、トモヤ」

枕元でスマートフォンが鳴っていた。いつの間にか、ぼくは眠っていたらしい。
電話口から、十六夜の声がした。
「一時間前から、お兄ちゃんの容体が急変したの」
十六夜は、かすれた声で言った。
「危篤だそうよ。今すぐ病院に来て!」

結局、ぼくは、ユズキの最期に間に合わなかった。
ぼくは、看護士に、そっと病室に通された。
ユズキの母親と十六夜が、ユズキの傍で、ぼくを待っていた。
「まるで眠っているみたい」
ユズキの顔を見て、十六夜が言った。
「ああ」
ぼくは頷いた。
「そうだな」

それから三日後。
ユズキは、ひと筋の煙となって、空へと上っていった。
ぼくはユズキの母親に呼ばれた。
「この絵を描くとすぐ、あの子はほっとしたように、息を引き取ったんです」
目を赤く泣き腫らしたユズキの母親は、ぼくに一枚の水彩画を差し出した。
ぼくは、あっと息を飲んだ。
それは、すきとおった森。ユズキとぼくが最期に別れを交わした、すきとおった森の絵だった。
「この絵が、何を意味するのか、私にはわかりません。だけど、あの子は一度昏睡状態になった後、はっきりと意識を取り戻したんです。そして、この絵を描いて、こう言いました。トモヤに渡してくれって。それが最期の言葉でした」
ユズキの母親は、ぼくの目をまっすぐに見て、言った。
「あなたには、この絵の意味がわかりますか?」
ぼくは頷いた。
「ええ、わかります」
ぼくは繰り返した。
「この絵が何なのか、ぼくにはわかります」
ユズキの魂は、きちんと向こう岸にたどり着けただろうか?
それとも、まだ佇んだままでいるのだろうか?
すきとおった森で。

※この小説(ノベル)"すきとおった森で"の著作権は関谷俊博さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
感動 1
合計 1
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

この小説(ノベル)へのコメント (7件)

くろ子

'15年9月4日 22:47

この小説(ノベル)を評価しました:感動

関谷 俊博さん、こんばんは。
すきとおった森の中での命の絵から
木からでる酸素ですきとおった生命の力が
木からパワーに触れた命。
命の儚さを改めて教えてくれた作品でした。
以前から、コメント難しかったからな (泣)

的はずれかな?(。>д<)
関谷さん、私勉強します。
教えて下さい(^_^)


くろ子

'15年9月4日 22:54

関谷さん、3回読ませて頂きました。

しかしながらこんなコメントしか
できないです。
私なりに感じた事をコメント
しました(笑)

関谷さんのお言葉を待っています。
よろしくおねがいします。

関谷俊博

'15年9月4日 23:14

くろ子さん。コメントありがとうございます。
命の脆さを描きたかったというのは、その通りです。
それと二人の少年の心の絆を描きたかったというのもあります。
だけど、作品の受け止め方というのは、それぞれ自由でいいと思うんです。何が正解ということはないと思います。
この作品から何かを感じ取っていただけたなら、とても嬉しく思います。

くろ子

'15年9月4日 23:23

関谷さん 優しいお言葉
ありがとうございました。

失礼します(*^^*)

関谷俊博

'15年9月4日 23:26

これは私が思うことですが、ユズキはトモヤに伝えたかったのです。
一枚の絵を遺すことで。
それは「短い生を懸命に生きた俺のことを忘れないでくれ」というユズキの叫びだったと思います。
けれども、これは私なりの解釈です。
作品というのは、書き終われば、読者の手に委ねられます。
だから、どのような解釈をしても、自由なのです。

関谷俊博

'15年9月4日 23:48

この作品に初めてコメントをくれたのが、あのblue moonさんでした。
「抽象的な描写にエロさを感じた」。
blue moonさんは、そう書いていました。
笑うと同時に、見抜かれてるな、と私は思いました。
私は二人の少年の心の絆を描きたかった訳ですから、そこに多少なりともボーイズラブ的な要素はあったのです。
私がblue moonさんを慕うのは、そのときのコメントが忘れられないからでもあります。

くろ子

'15年9月5日 10:49

関谷さん。こんにちは。
見抜かれるコメントをもらい良い思い出
ですね。嬉しいですね。

失礼します。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P