携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

[広告]

私が出会った二人の私 (完結作品)

作: 翼馬

主人公(アイ)は、何もない暗い小さな部屋にいた。

記憶をなくし、自分がアイという名前だったことすら覚えていない…。

ただ覚えていることと言えば、この部屋に入る前に、

事故にあったということ。

それでも自分の名前がアイということだけはわかる。

それはずっと一人の男性が、部屋の外から私を呼んでいたから。


『アイ…聞こえるか?』


『アイ…目を覚ましてくれ…。』


『アイ…アイ…アイ…』



その男性の声は休むことなく、ずっと聞こえてくる…


顔もわからない…どこから話しているかもわからない…


ただ声が聞こえてくるだけ…。


それに私がどれだけ叫んでも、その人には届いていない…。


私は…死んでしまったのかな?


でも生きていた記憶すらないのに…



一体…この声の男性は誰?

私は『アイ』っていうの?


誰か…教えて……



〜プロローグ〜


これは、
事故にあって意識がなくなってしまった女性『アイ』の心の中の物語。
心の中で小さな部屋に閉じ込められている『アイ』は、
そこで二人の女性に出会う。
そう…その二人も『アイ』である。

過去を知る『アイ』と、未来を知る『アイ』。
その二人が、何も知らない『アイ』に自分の全てを話す。

しかし、

二人の愛している男性は、違っていた。


過去の『アイ』が愛する『トウマ』という男。

未来の『アイ』が愛する『マサヤ』という男。


現在の『アイ』に聞こえてくる男の声は、二人の男のどちらなのだろうか…

果たして『アイ』は記憶と意識を取り戻し、

声の主の男性の元に行くことができるのだろうか…。

これはそんな3人の『アイ』の会話文だけで繰り広げられる、

自分探しの愛の物語。



アイ=現在の『アイ』
K=過去の『アイ』
M=未来の『アイ』

※この小説(ノベル)"私が出会った二人の私"の著作権は翼馬さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P