携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

[広告]

人から聞いた話が多い (執筆中)

作: ガラスキャンディー

私は夜中、下宿の近所を歩きます。
下宿は親の支払いで、バイトの掛け持ちによる足し算勘定ではちょいと、月極め家賃を払うことは出来ない、といっても4畳半よりちと広い一部屋7,8畳の部屋を借りています。小奇麗で築4年ほどだそうです。窓は大きく取ってあって一つの部屋に日がよく入る。

話を戻しましょうか。私が今現在、住んでいるこの街には、娯楽が少ない。
何かの小説で「私の大学の周囲には産婦人科が多い」なんて一節がありましたが、私のところはパチンコ屋さんとカラオケ店、丼もの屋がやけに多いです、あと歯科医院も多い。

わたくし、図面を書いて疲れたときに近くの自販機で飲み物を購入するのです。その夜道は街燈が三つか四つ、偉い暗(くろ)う道でして、何か出てこないかと気にして毎度歩くのでございます。

しかし、普段を退屈に過ごしていると何かが出てきてほしいもんだと思うこともあります。大変天邪鬼(あまのじゃく)なことです。
先ほど述べたように娯楽が少ない近辺だからです。そうです、映像ソフトのレンタル屋さんも多いですよ、ビデオは流石にDVDとブルーレイにその場を追いやられましたが。もうビデオの影も形も有りませんよ。

何か現れないかと期待している次第です。
ネットでよく見る話で、こういったものがあります。
夜半にどこかのおばさんが猫を虐待していたと、大変怖い形相だったと。
母からはこんな話を聞いたことが有ります。
夜、用を足しに行くと、便所の小窓から子供の無く声が聞こえてきたと。ただ幼少の頃に私は、弟を苛めていた事があったため、その時の声かもしれません。

とにかく、私は部屋から自販機まで往復する間に、何か面白い物でも出てこないかと期待している次第なのです。刃物を持った誰かが外套も当たらぬ暗闇から現れてもいいのです。
しかし、その時私は死にたくないです。

すいません、人から聞いた話が多くなりました。
いつか私の話をしたいものです。

※この小説(ノベル)"人から聞いた話が多い"の著作権はガラスキャンディーさんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P