携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

[広告]

DOG IN THE DARK (完結作品)

作: 歌川四季


会社に行くときに
いつも吼える犬

番犬としちゃあ
優秀だが
こんなに善人面の着こなしが
上手といわれる
僕にまで吼えるとは
なんてバカ犬だ

仕事帰り
犬小屋の前を通ると
いつもは躍り掛かって
吠えて来るくせに

今夜
犬が暗がりで
しゃがんだまま
虚空を見つめていた

わんこ座りしたまま
黒い瞳で
だまったまま
虚空を見つめていた

僕は時々
動物の心が読めるから
その犬の心も分かった

どうやら犬は
思い出を
振り返っているらしい

犬が
思い出を振り返るなんて
驚きだ

どうやら犬は
自分が子供だったころ
そして自分の母親を
思い出しているらしい

犬が
思い出を振り返るなんて
驚きだ

だが犬の
黒い瞳は
虚空を見つめ

自分の内面を
のぞいていた

犬が暗がりで
しゃがんだまま
虚空を見つめていた

黒い瞳で
だまったまま
虚空を見つめていた

※この小説(ノベル)"DOG IN THE DARK"の著作権は歌川四季さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P