携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

[広告]

散り桜と涼寛さん (完結作品)

作: パープルウインド

 暖かい春の日。満開だった桜も咲き飽きて、散り散り葉桜となった。桜の名所も人が疎らとなり、今年最後の桜を見上げる人々の表情も名残惜しげだ。
「この時期の桜が一番美しい。」 
 涼寛さんいかにも楽しげに嘯いた。 
 喫茶”春夏冬至”のマスターである涼寛さんは、私の隣で雪駄を引き摺り鳴らしながら眩しそうに上目使い。彼はいつもカウンターで着ている藍色の作務衣、肩までかかる髪を束ね日本手ぬぐいをかぶっている。ちょっと如何にも陶芸家風情だが、彼はただ楽だという理由で常時この風貌である。
「散り花ですよ。」私が問う。
 彼は上目を外しもせず、微笑む様に切羽した。
「桜の命もこれからじゃ。種付け終わって、はらまして、是より子供の為の栄養作りじゃ。」
 涼寛さんの視線が下りてきた。この御人は未だ微笑んでいる。人影まばらな桜の名所を行き来する人々の動きが止まり、痛いほどの視線が、私達に注がれた。
 涼寛さんはいつも声が大きい。また屈託がない。私のとっては弱りものだ。
 暖かい日差しの中。冷や汗をかきながら、私は涼寛さんの腕を掴み、春夏冬至への道を急いだ。



※この小説(ノベル)"散り桜と涼寛さん"の著作権はパープルウインドさんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
おもしろい 1
合計 1
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

この小説(ノベル)へのコメント (2件)

__

'11年4月28日 08:55

この小説(ノベル)を評価しました:おもしろい

こんにちは。
お話自体にとくに目新しい点というのはないのですが
短いながら、その設定や描写には目を引くものがありました。

とくに言葉選びについては、主に詩を書かれているからでしょうか、
その"くせ"のせいで一部つかみづらい部分があったものの、
それを許容する空気が作品全体から醸し出されており、
それこそがこの作品の特長であるように感じました。

パープルウインド

'11年4月28日 12:47

やまもさん
コメントありがとうございます。

評価を書いて頂き大変ありがたいです。
もっと精進いたしますので、これからも辛口でいいのでコメント下さいね。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P