携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

[広告]

灰色の青空

ペンネーム:石崎翔一

※この小説(ノベル)"灰色の青空"の著作権は第1回みんなのライトノベルコンテスト作品さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

この小説(ノベル)へのコメント (1件)

みゆ

'08年2月8日 07:41

もう1歩練って!

読んですぐ、「男性が書いた文だなぁ」と言う印象を受けました。男性向けライトノベルは読んだ事が無いのですが、こんな感じなんでしょうか?
15Pに時間軸の場面変換が多過ぎです。一人称なのに感情移入する(共感する)間もありません。
題名が暗いので、始めは二人が付き合うきっかけの文化祭から明るく始めて、時間の呪いはミステリー風に徐々に迫って行く方がドキドキ出来る展開だったかな?と思いました。(喜と哀の落差ですね。)
主人公が「なぜか器用で勉強も出来る」のに、「自分と似ている立場」の少女に対して自信が無くて「高嶺の花」と思っているのは何故でしょうか?今までもてた事が無いとか容姿に自信が無いとか、この辺りは説得力がありませんね。
差入れの飲み物を買いに行くあたりでの主人公の葛藤や迷いなんかも文章に入っていたらよかったかも。
少しだけ少女の一人称が混じるのがどうにも違和感があるので、何故見てしまった未来を変える事無く、死へ向かう覚悟をしたのか、もっと少女らしい葛藤や迷い、主人公への思い、薔薇の造花への思い入れ等、少女サイドの話も入っているともっと感動出来る話になるのではと思わずにはいられません。
後、女の子が嘘っぽいですね…「こんな子いるか?」と思ってしまうのも、少女の内面が見えないからかも。
男性、女性と一人称が入れ替わりつつ、時間の呪いに迫って行く方がもっとラストがどうなるの?!と思えたかな。
ただ、そうするとP数は増えると思いますが^^;
よく有るネタなだけに、書き方頑張って下さ〜い!

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P