携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

きままにイキる (執筆中)

作:莉遠 / カテゴリ:青春/友情 / 投稿日:'10年6月30日 15:37
ページ数:4ページ / 表示回数:回 / 総合評価:1 / コメント:6件

[広告]

1.それは唐突に始まった

 蝉の声が、以前より一層猛るようになってきた。耳をつく声ではあるが、その声があってこそこの季節を名乗るのに相応しいとも言えよう。そして、太陽は一段と高く上がり、その力を存分に発揮している。
 その結果、世の学生達はうだるような暑さと戦わなければならない。
 世の大人たちは、何故いたいけな中学生達に文明を与えてくれないのだろうか。仕事が大変だとほざく割には、環境はきちんと整っているじゃないか、生意気な! 恐らく、皆も一度はそう感じたことであろう。
 しかし、そんなうだるような暑さを誇る学校から、もうすぐ逃れることが出来る。
今は7月初旬。世の学生の頭は、数週間後の夏休みで一杯なのである。夏休みになれば、大人たちが占領している文明にも便乗できる。学生からしてみれば、天国とも言えよう。
 だが、此処、北西川河中学1年5組では、それは別の出来事が生徒達の関心を集めていた。
 時は、朝の自主学習。という名目の、朝の談話の時間。セーラー服姿の少女達が、何やら噂話をしている。

「ねえ、珠梨聞いた? 転校生のウワサ!」
「ウワサはウワサでしょ? この時期に珍しいなぁっとは思うけどさ」

 その中の一人、黒髪のおかっぱ頭に大きな瞳、どちらかと言えばハッキリとした顔立ちの少女。そんな好美佳奈子は、意気揚々と一人の少女に話しかける。
 彼女の名前は、鈴藤珠梨。肩に掛かった茶色の長髪をなびかせ、整ったお澄まし顔で彼女はきりりと言い放った。
 そう、此処、1年5組には、本日転校生が来るのである。何故このような時期に来たのかは定かにはなっていないが、だからこそ生徒達の好奇心をこれでもかといわんばかりに掻き立てているのであろう。不良に違いないとか、絵に描いたようなマジメちゃんだろうとか、見た目は普通だけど内部は変態そのものだとか、生徒達の憶測に果てなどなかった。
 そして遂に、彼らが待ちに待った瞬間が訪れるのである。

「あ、先公来たぜ。みんな、席つけー!」
「転校生どんなんだろね、かわいい子だといいけどなぁ……じゅるり」
「こら、黙れ変態。転校生に喰われろ」

 こういうときばかりは、一致団結する生徒達。口数こそ減らないが、一人の声により素早く己の席に着いていった。
 そして、ガラガラっと扉の音が聞こえたと同時に、一人の小さなおじさん……いや、教師が彼らの待つ教室にやってきた。無論後ろには、噂の転校生を引き連れて。
 教師は教卓の上に乗っかると、ご自慢のお髭を弄くり転校生に自己紹介を促した。彼の名前は坂田衣透。ここ、1年5組の担任である。
 彼の身長は、此処にいる生徒達の脚の長さとイコールされるほどしかないので、彼はいつも教卓の上で会話をするのだ。哀しいが、そうしなければ誰の顔も見れないのである。
 そして転校生を教卓の脇に残し、坂田は話を始めた。

「はい、皆さんおはよう。今日も蝉の声が麗しいのぉ。じゃなかった、今日は先日もお知らせしたとおり、転校生を紹介する。お前達、皆さんに挨拶をしなさい」

 
 坂田にそういわれた転校生は、緊張を纏ったまま生徒たちの前へ歩みを進めた。
 

※この小説(ノベル)"きままにイキる"の著作権は莉遠さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
おもしろい 1
合計 1
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

この小説(ノベル)へのコメント (6件)

'10年7月5日 17:53

2ページ目まで読みました。
テンポがいいです。説明が上手いです。描写だって莉遠さんが自分で言うほどひどいとは思いません。
そして、2ページ目最後の意外な展開。どうなるんでしょう?

というわけで、これから興味津々です。

ここまでの評価:構成がいい

莉遠

'10年7月6日 01:41

>藤原さんへ
一人称で、情景描写の点で、かなり楽してますよー><
でもでも、そういってもらえてかなり感謝なのです><
久々ということもあり、これから色々書ききれるか
不安な点もありますが、頑張りたいです!!
この後も、しっかり描いていきたいと思います!!

たっぺい

'10年7月6日 14:30

この小説(ノベル)を評価しました:おもしろい

読みましたぁ。

ストーリーや心理描写が大変おもしろかったです。
キャラクターも個性があっていいな、と思いました。

続きが楽しみです。
期待してやすぜ!? ww

'10年7月13日 16:45

なんというか、私とは全く違う作風で新鮮です、というセリフは何回目に行ったか
わかりませんが、それはおいといて本当に新鮮でした。
「これが洗練されたのがあの[ハルヒ]の一人称なのだなぁ」と思ったのが一つ。
個人的に自分が書くかどうかはともかく、読むとしては割と好みのタイプですよ、
こういうのっ!! 性転換ごっつぁんです。
頑張ってください。
4ページまでの評価:期待大(今作ったw)

それではっ! またお会いしましょう。
またいずれHPに相互リンクを頼むかもしれません。
小説サイトを作っているのですよ。

莉遠

'10年7月13日 23:10

>たっぺいさん
そのキャラになりきってぇ! というのは
大好きなので、心理描写大好きです(笑
キャラクターは、やっぱり思いいれの在る子達なので
頑張って描いていきたいです♪

莉遠

'10年7月13日 23:12

>土屋さん
一人称、って、言ってしまえば
キャラになりきって、書くだけなのでって思いながら
いつも書いてる次第なのです、えへへ(え
主人公がどのように生活していくかに
ご期待くださいませ!!

小説サイト、出来たらまた教えてくださいねー!!

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P