携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

クリスマスの贈り物 (完結作品)

作:ももこさん / カテゴリ:未分類 / 投稿日:'19年5月6日 19:09
ページ数:7ページ / 表示回数:回 / 総合評価:1 / コメント:2件

[広告]

7 エピローグ

12月25日の朝、母親が身近に存在している事を自覚した優と愛は、一日中心が明るく温かかった。そして、一日、絵の具を使わずに大事に引き出しにしまって、外で雪だるまを作って遊んだ。

その日の夜も明日の遊びの計画立てに、いそがしい子共たち。
床の中で愛が提案した。
「明日はお母さんの絵の具を使ってお母さんの絵を描こうよ。お母さんが帰ってきたときに見せられるように・・・。」
優も賛成した。
「うん、そうだね。そうしよう。」

2人の様子を隣りの部屋からうかがっていた紀夫は目頭が熱くなった。
自分も子供たちの無邪気さに励まされ、明日からまた頑張ろうと思った。

2つの絵の具の領収書を家計簿に貼り付けながら・・・。



この物語終わり

※この小説(ノベル)"クリスマスの贈り物"の著作権はももこさんさんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
キャッチー 1
合計 1
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

この小説(ノベル)へのコメント (2件)

杉菜まゆか

'19年6月14日 18:55

この小説(ノベル)を評価しました:キャッチー

子供の姉妹が今後どのような運命を辿るか、ちょっとハラハラしますね。

ももこさん

'19年6月15日 02:51

杉菜さん こんにちは^^

キャッチーの評価嬉しいです。
ありがとうございます(^−^)
そしてこの物語を読んでくださりありがとうございます。

そうですね・・・。
子供たちはまだ小学生で、父子家庭ですから、この先どうなるか気になるところですよね。
母親は子供の成長に欠かせないと私はおもいます。
このお話の子供たちもすくすくと育ってほしいと願います。

まゆかさん、優しいコメントもどうもありがとうございました(^−^)

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P