携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

朧月とひとりぼっちの影のおはなし (完結作品)

作:れむ / カテゴリ:児童文学 / 投稿日:'18年12月2日 19:20
ページ数:2ページ / 表示回数:回 / 総合評価:1 / コメント:2件

[広告]

さよなら、朧月

ある晩、泣き虫の影のもとに綺麗な月が降りてきました。

月は忌み嫌われたまっくろな影のことを「綺麗ね」と微笑みました。

歌い踊り、ともに話をし、ともに笑いあい…それはそれは楽しく暮らしました。

しかし、月が地に降りたのはわずかな時間でした。

ある晩、月はまたそっと空に浮かびました。

ひとりぼっちになった影は泣きました。





一晩中泣きました。




最初からその灯に近づかなければこの孤独も知らぬふりでいれたのに

最初からこの幸せを知らなければ寂しいなんて芽生えなかったはずなのに




その声は夜空に高く響き渡りました。

だけど影は気付きました。




まっくらだったはずの夜がわずかに淡く光っていることを

…………それは、影自身でした

影自身の中で淡い小さな欠片がまだ灯っているのです

それは、月と過ごした思い出の日々の結晶……月の欠片です。



欠けた部分は戻らない。 月にはもう手は届かない。

けれど、隣にいられなくても隣にいたことは消えません。


ひとりぼっちにはなったけれど、

孤独ではなくなったと影はようやく気付いたのです。





泣き虫だった影は、もう泣かないと笑いました。

孤独だった影は、初めて友達に名前をあげました。




「さよなら  朧月」





朧月は、今日も美しい夜空に浮かんでいます。

※この小説(ノベル)"朧月とひとりぼっちの影のおはなし"の著作権はれむさんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
おもしろい 1
合計 1
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

この小説(ノベル)へのコメント (2件)

リュウ

'18年12月2日 21:51

この小説(ノベル)を評価しました:おもしろい

短編小説として良いんじゃないかな。
なかなか面白いと思いますよ。
孤独だった影が孤独じゃなくなるってのは良いね。
またこういうの読んでみたいね。

れむ

'18年12月29日 17:50

リュウさん
コメントいただきありがとうございます☆

1Pで完結という驚異のハイスピードですが、短編小説としていいなんて言っていただけて嬉しいです!ありがとうございます(*^^)
こういうのはあまり書かない(かけない?)ですが、また思いつくことがあればふらっと書いてみたいと思います(*'▽')
遅くなりましたが、ありがとうございました!

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P