携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:664ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

561

昼寝から目覚めたヴェルノが物音を聞いて玄関先に行くと、ちょうど2人が別れの挨拶をしているところだった。最後に別れの挨拶をしようと彼が顔を出すと、先に気付いた雪乃がニッコリと笑う。

「それじゃ、ヴェルノ君、またね」

「ああ、帰り道気をつけて」

「ふふ、有難う」

ヴェルノと別れの挨拶を済ませると、雪乃はそのまま帰っていった。そんな2人のやり取りをいつきは不信感マックスな表情でじぃーっと眺める。

「……何?」

「いや、ゆきのんと私との扱いの差があからさまだなーって……」

「そんなの当然じゃんか。いつきは雪乃とは違うんだから」

どうやら彼女はヴェルノが雪乃に優しく接しているのを不満に思ったらしい。その言いがかりに対して彼がそんな対応をしていた理由をそれっぽく話すと、この言葉に納得いかないいつきは顔を膨らませる。そんなコントじみたやり取りをしていると、2人の目の前に懐かしい顔が現れた。

「お久しぶり」

「き、清音さん?!」

そう、そこに現れたのは以前いつきと魔法使い対決をした魔女の藤堂清音だった。彼女はこれまでにも何度かいつきに接触した事がある。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P