携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:660ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

548

「本当?」

いつきに自説を聞き返されたヴェルノは暫くの間沈黙して、一言付け加えた。

「……はずだ。多分」

「ちょ、頼りないなぁ」

とにかく、助けが呼べない以上はこの窮地を自分達の力で何とかするしかない。いつきはさっきよりも増して魔法攻撃を目の前のちびアスタロトにぶつけ続ける。こうなった以上、最早どちらが先に倒れるかの根気比べだった。
この状況が面白くないのは、見下していたはずの相手にいいように攻撃されているアスタロトの方だ。

「ざっけんな!この程度の魔法で!この俺が!」

「ボロボロじゃないの……まだやる気?」

「敵に情けをかけられる程落ちぶれてないわーっ!」

ずっと防戦一方だったヤツはここから反撃の狼煙を上げる。力を腕に集中し、魔力で炎に包まれた槍を作り上げた。

「魔炎の槍!」

全長2m程の魔法の槍は小さなアスタロトが握るとかなり大きなものに見える。その槍を力任せにぶん投げると、いつきの目前にまっすぐ飛んできた。

「うわっ!」

いつきはこの攻撃に驚いて一瞬攻撃を止め、腕を顔の前に組んで防御に徹する。2人はヴェルノの組んだ防御結界に守られ、今のレベルのアスタロトの攻撃なら耐えきれるはずだった。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P