携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:666ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

541

「今までだったらアイツ、すぐ私達に追いついてきて通せんぼしてきたじゃない」

「ああ……」

「じゃあ何で今回は追いついてこないの?」

その素朴な疑問にヴェルノがうまく答えられない中、いつきは突然逃げるのを止める。空中に停止したまま彼女はくるりと背後を振り返った。このいつきの突飛な行動にヴェルノは思いっきり狼狽える。

「ちょ、止まったら……」

「ほら、見て。やっぱり追いついてきてない」

「あ……」

いつきに言われてヴェルノも半信半疑で振り返る。すると、確かにアスタロトは追いついてきてはいなかった。もしかして最初から追いかけていないのか、それとも――。この有り得ない状況に彼女は首を傾げる。

「ねぇ、どう言う事?」

「そうか!やっぱりまだ完全復活していなんだよ!」

しばらくその理由を考えていたヴェルノはこの結論に辿り着く。この説を聞いたいつきは自分が辿り着いた答えを確認する為に彼に質問する。

「それは、カムラに力を奪われたから?」

「多分ね」

今回のアスタロトが以前より弱体化しているのはこうして雑談している間でさえ、まだ追いついてこない事からでも明らかだった。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。