携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:564ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

526

「ねぇ、頭を良くする魔法ってない?こうなったらスパッと課題片付けたいし」

「思考力を覚醒させるようなのならあるけど、体質に合ってなかったら反動が大きいよ?」

ヴェルノから該当魔法が存在する事を仄めかされたいつきの目はキラキラと輝き出す。それで、今度はその際の一番のネックのリスクについての質問が飛んだ。

「ど、どうなるの?」

「眠れなくなるね」

「そのくらいなら逆にどんと来いだよ!」

彼から覚醒魔法のリスクを聞いたいつきは、思ったより軽そうなその内容に安堵する。そのくらいなら魔法をかけてもらおうと口を開きかけたところで、ヴェルノからそのリスクの詳細が語れらた。

「眠ろうと思っても眠れないんだよ。結構辛いよ」

「1日くらいの徹夜ならへーきへーき」

「合わないと最低3日は眠れないんだけど。普通は一週間は眠れなくなるんだったかな?」

「え?」

ここで彼女は自分の考えの甘さを痛感する。もし魔法が合わなかったら、しばらく眠ろうとしても眠れない後遺症が続いてしまう。まる1日眠れないくらいならまだいつきでも何とか想像も付くものの、2日以上眠れないとなるとそれは未知の領域だ。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P