携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:664ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

507

こうして3人は夜の散歩へと繰り出した。お風呂から出てまたグロッキー状態だったヴェルノは有無を言わさず無理やりいつきが自分の肩に乗せていた。浜辺を歩きながら、いつきと雪乃は頭上の星空を見上げる。

「夜の海もいいねぇ、星もキレイだし」

「この星空はここじゃないと見られないよね」

夜の浜辺は昼とはまたガラッと趣を変えていて、それはそれでまたいいものだった。満天の星空と天空の光を反射して静かに輝く海。波の音がまた夜の浜辺を訪れる人の心を優しく抱きしめるよう。
いつきはじいっと美しい星空を見上げ、肩の上で眠りかけている彼に話しかける。

「本当、いい星空……べるの、今ならいいよね」

「ほえ?何?」

突然話しかけられたヴェルノは半分意識が飛んでいた為、意味が分からずただただ困惑する。そんな彼の態度にいつきは気を悪くした。

「空の散歩!」

怒りに任せたその言葉に彼は驚いてすぐに眠気がふっとんだ。どうにか彼女の機嫌を撮ろうとヴェルノはすぐに彼女の変身をサポートする。魔法少女になったいつきは思いのままに空の散歩を楽しんだ。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。