携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:664ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

504

そこには好みや性格によりそれぞれの個性が色濃く現れていた。好きなものから食べるいつきに、逆に好物を最後にする雪乃。手前から順番に片付ける母親に、思いついた順に口に放り込むヴェルノ。
食べ方は全員面白いようにバラバラだけど、共通しているのはみんなこの食事を大いに楽しんでいると言う事だった。

「美味しい美味しい」

「最高だね!」

食べながら雪乃はここでも律儀に御礼の言葉を述べる。

「本当に、今日は誘ってくださって有難うございます」

「さあさあ、遠慮しないでどんどん食べてね」

目の前の料理が本当に美味しかったのと、昼間動き回ってお腹が空いていたのも重なって、テーブルの上の料理はあっと言う間に綺麗に空っぽになっていった。

「ふー、まんぷくぷー」

食べ終わって満足したいつきは、食べすぎたのかしばらくその場でまったりしとていた。日の長い夏とは言え、すっかり夜になって空を星空が見事にキラキラと飾り始めた頃、何かを突然思い出したみたいに彼女はすっくと立ち上がる。

「じゃ、温泉だね!ゆきのん行こっ!」

「あ、ちょっと待って」

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P