携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:563ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

477

高速道路を3時間ほど走った後、通常の道路に降りて30分程度で車は無事今回の旅行先に到着する。車を駐車場に停めると、母親は寝ていた2人の体を優しく揺さぶった。

「ほら、着いたよ。取り敢えず荷物を預けようか」

「民宿……『ねこもいっしょ』?」

辿り着いた民宿の名前を見たいつきはその名前を口に出した。見た目は普通の民宿なものの、看板は猫をアレンジしたポップな感じで可愛らしい。じっと立ち止まっている娘の肩にポンと手を置いて、母親がここを宿に決めた理由を笑顔で説明する。

「そ、ペットOKの民宿。ここを見つけて旅先をここにしたんだ。ロケーションもいいしね」

「いい宿ですね」

すぐに雪乃がその言葉に相槌を打つ。いくらペット可と言っても普段の姿を見せる訳にも行かないのでヴェルノは飽くまでも普通の猫のふりをしてチェックインを済ませた。宿の人に部屋に案内されている道中で、いつきは雪乃に興奮しながら声をかける。

「荷物置いたらさ、海行こうよ海」

「いきなり行くの?」

「そうだよ!いきなり行くんだよ!」

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。