携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:703ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

476

そんな中、実はこうして車に乗るのも初めてのヴェルノは、車窓から見える流れる景色を目にしてすこぶる興奮していた。

「おお……これはすごい」

「流石にヴェルノ君は興奮で眠れないようだねえ」

「はい、ここから見える景色、みんな素晴らしいです。空も、雲も、野山の緑も、それから……街の景色も、その先に広がる海も!」

興奮した気持ちのままに矢次早に言葉が出てくる彼を見て、母親は同じくらい上機嫌になっていた。この時、少し遅めの車を一台抜きながら彼女は声をかける。

「みんな寝ちゃったからさ、良かったら話し相手になってくれるかい?」

「僕で良かったら、喜んで!」

ヴェルノが車のどの席にいたのかと言うと助手席に座ったいつきの膝の上だ。事故でも起こそうものなら大変な事になる所にいたものの、ドライバーの運転技術を信じた彼はその場所を全く危険だと思ってはいなかった。

彼と母親との楽しい会話は途切れる事なく続き、ヴェルノは魔界の話で、彼女はいつきの話で大いに盛り上がった。その会話もあって、車は危なげなく目的地までスムーズに走り抜ける。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P