携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:563ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

458

その後、置いてきぼりを食らった彼が追いかけてくる事もなく、いつきは無事に帰宅する。流石にこの濃い体験は誰かに話さないと心が持ちそうになかったので、部屋でまったりくつろいでいたヴェルノに一切合切洗いざらい喋り尽くした。
怒涛のマシンガントークの圧に圧倒されながら全てを聞き終えた彼は呆れた顔をして一言つぶやく。

「うっさんくさー」

「でしょ、べるのもそう思うよね」

「それにしても厄介なのに目をつけられたなぁ」

どこか他人事のような反応をするヴェルノにいつきは問題解決を懇願する。

「ねぇ、べるのの魔法で何とかならない?」

「ごめん、無理」

「えっ、なんで?」

速攻で拒否された彼女はあてが外れて信じられないと言った風な顔をした。これは説明が必要だと彼は軽く咳払いをするとおもむろに立ち上がり、彼女にも分かるようにジェスチャーを加えながらさっきの言葉の理由を口にする。

「まず魔法結界があるだろ、学校に取り付けたやつ。あれでいつきは魔法少女だと認識されない。あれが僕の力の限界なんだ」

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。