携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:703ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

第71話 秘密結社への誘い その4

今まで色んな厄介事をこなしてきたものの、全ては招かざるトラブルであって、解決したところで報酬が得られた訳ではない。勿論人脈と言うお金に変えられないプライスレスな関係を得たりはしているけれど……。
自分の話にやっと興味を抱いてくれたと言う事で改めて彼は身を乗り出して攻勢に出始めた。

「お、やっと聞いてくれる気になってくれた?」

「ま、コーヒーを飲み干す間くらいなら……」

さっきまで嫌悪する程の拒否していただけあって、ここでくるっと手を返すのはバツが悪い。そう考えた彼女は本心を隠すようにコーヒーを口に含む。
けれどその言動でさっきまでと態度が違う事を見抜いたマルクはまたしても百戦錬磨の営業スマイルを浮かべた。

「ケーキも食べてよ。ここのケーキ、美味しいよ」

「あ、本当だ」

勧められるままにケーキをひとくち口に運ぶと、口の中にスポンジケーキの柔らかさと生クリームのちょうどいい甘さが広がる。
喫茶店のケーキなんて業務用スーパーの格安の既製品とかだろうと思っていたいつきはその別次元の美味しさに感動を覚えていた。

この味を知っていると言う事は目の前の彼はこの喫茶店の常連なのだろうか?

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P