携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:664ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

433

その質問の仕方が何だかバカにされたみたいに感じた彼は少しキレ気味に返事を返した。

「季節はあるに決まってるだろ」

「そう言う言い方しなくてもいいじゃない。知らないんだから」

いつきはキレた返事に逆ギレして返す。この反応で少し冷静になったヴェルノは、軽く咳払いをすると改めて魔界の季節について説明する。

「ただ、魔界は空調魔法が結界みたいに世界を覆っているからこの世界の四季ほどの温度差はないんだ」

「何それ!羨ましい!」

彼の話を聞いて羨ましがるいつきとは裏腹にヴェルノの顔はどんよりと暗くなっていく。

「確かこっちの夏は今よりもっと暑くなるんだろ?勘弁して欲しい……」

「うふふ、日本の夏は暑いぞー地獄だぞー!」

まだ未体験の夏にうんざりする彼にいつきはからかうように大袈裟に話し、その反応を面白がっていた。

「止めてよ……考えたくもない」

「でも安心して!現代社会も魔法ほどじゃないけど科学で暑さを克服したから!」

「それってエアコンだろ?一体何℃越えたらつけるんだよ……」

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P