携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:666ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

418

「あんまり無茶言うんじゃないぞー!」

ガルガルの忠告も聞こえたんだか聞こえていないんだかの勢いで、彼女は射的の屋台に向かって走っていく。余りにすごい勢いでやって来たものだから、元々怖がりのケンガは驚いて雄叫びを上げてしまう。

「ピャー!」

「ケンガも久しぶり。楽しそうだね」

「ピャウピャウー」

久しぶりに会ったケンガはガルガルの時よりもかなり興奮していた。彼の場合、ステッキで丸焦げにされたのがトラウマになっているのだろう。いつきの姿を目にした瞬間から超高速でブルブルと震えている。一方彼女の方はそんなケンガの様子を一切気にかける事なく、すっと手を差し出した。

「射的、やらせてよ」

逆らったらまた黒焦げにされる!そう思ったのかケンガはいつきに素早く射的用の銃を差し出した。それを受け取った彼女はいっちょ前にそれっぽく構えて獲物を狙う。

「さて、大物狙うぞー」

いつきが狙うのは見事な彫刻が施された大天狗の置物。それは射的場の景品でも一番の目玉景品らしく、他の景品に比べても一際目立っていた。

「それっ!」

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。