携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:703ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

413

そこから現れた出来たての焼きそばはまさに美味しさを体現したような焼きそばで、彼がオススメする理由も納得の逸品だった。
溢れ出るよだれを抑えながらいつきはそれを口に入れる。麺の太さもコシもソースの絡まり具合も完璧で、まさに屋台の焼きそば、THE・焼きそばと言えるその代物に箸の動きは止まらない。

「美味しい!この焼きそば最高だよ!」

いつきのこの感想を聞いたたぬ吉はニンマリと満足そうな顔をする。彼女からワンテンポ遅れて焼きそばに手を付けたヴェルノもその味に感嘆した。

「これ、結構美味いぞ」

「べるのも気に入ってくれただか」

「だから、ヴェルノだってば」

たぬ吉がいつきの真似をしてヴェルノの事を言い間違えている事に彼は気を悪くする。焼きそばを食べながらそのやり取りを聞いていたいつきは脳天気に口を挟んだ。

「もー、べるのは細かいよ」

「言っとくけど、いつきにも本当はちゃんと言って欲しいんだからね!」

ヴェルノの日頃の不満が爆発したところでいつきは唐突に話題を変える。

「あれ?そう言えばケンガとガルガルは?」

「ほら、あそこでくじやってるべ」

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P