携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:664ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

405

すぐにいつきが時間を確認すると、その衝撃の事実に思わす大声を上げた。

「早っ!30分とかかってない!」

それからすぐに牛車は着陸態勢に入る。スピードを出している乗り物はゆっくり減速しないと中の乗客にも物理的に負担がかかってしまう。
つまり、動力源は妖術でも慣性の法則までは捻じ曲げられないらしい。牛車が丁寧に着陸し、2人が降りていくと見覚えのある妖怪が彼女達を待っていた。

「いつき殿、お待ち申しておりましたぞ」

「あ、長さん、お久しぶりです」

2人を出迎えてくれたのは以前にも会った天狗山の妖怪の長だった。特徴的な風貌なのですぐに気付く事が出来た彼女は長に挨拶をする。その様子を見ていた影が突然背後から声をかけて来た。

「お前も来たんだべか」

「あ、ヨウさん、ども!」

「まったく、変わってないべな」

天狗山の妖怪退治以来のヨウは苦笑いをしながら返事を返す。彼の姿を見て何かを思い出したいつきはすぐにヨウに詰め寄った。

「そうだ!ヨウさん、この間アスタロトが襲って来たんですよ!どうして来なかったんですか!」

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P