携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:703ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

394

なのでますます彼女はその状況が飲み込めず、ただ首をかしげるばかりだった。

ドアを開けたいつきに気付いたその小さな天狗は、子供らしいキラキラとした目を輝かせて大きな声でハキハキと喋った。

「お待ちしておりました!」

「えっ?誰っ?」

この想定外の出来事に彼女の理解は全く追いつかない。天狗の方も狼狽しているいつきの姿を見てすぐにその状況を察し、空気を読んで早速自己紹介を始めた。

「私、天狗山の使いで御座います」

「天狗山?ああ、あの妖怪さん!確か……ガルガル……だっけ?他の妖怪とかも元気にしてる?」

小さな天狗は天狗山の使いと言う事で、どうやら本物の天狗のようだ。いつきは思い出しついでに今あの妖怪の山がどうなっているかを尋ねる。
けれど彼はその事には触れず、以前トラブルを解決した事への御礼の言葉を述べるばかり。

「あの節は仲間の暴走を止めてくださり、本当に感謝しています」

「いいよいいよー。私特に何もしてないし」

「とんでもないです!あのままだと大変な事になっていたかも知れません。いつき殿には我々妖怪仲間みんな恩義を感じているんです」

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P