携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:660ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

371

この状況を変えられるとしたら彼が余裕を見せているこの隙を突くしかないと、いつきは覚悟を決めてステッキを握り直して構えを取る。

「何だ?戦う気か?実力差を考えな!」

「やってみなきゃ分からないでしょ!マジカル☆カッター!」

彼女は対カムラ戦でも使った魔法、マジカル☆カッターを使った。ステッキから生成された魔法の鋭い刃物はアスタロトの体に当たり、見事に切り……裂かなかった。
シャボン玉が障害物に当たってあっけなく割れるように、あっさりと魔法のカッターは弾け飛ぶ。アスタロトはこの攻撃に対してつまらなさそうに一言こぼした。

「ふん!それだけか」

「だから、無理だって」

この攻撃の一部始終を見ていたヴェルノも呆れたように言葉を漏らす。自分の実力ではどうしようも出来ないと実感した彼女は今度こそこの状況をどうにかしようと次の手を実行する。

「こうなったら助っ人を呼ぶまでよ!たすけ……」

「呼べると思うか?」

また誰か助っ人を呼ばれて有耶無耶にされては敵わないと、アスタロトはいつきに向けて手をかざす。次の瞬間、彼女は突然頭を抱えて苦しみ出した。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P