携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:564ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

366

「うわああああ〜っ!」

「おいおい、ご挨拶だな」

「なななな、あああああああ……」

彼女のパニックは収まらない。さっきから言葉にならない言葉をただ叫ぶばかり。この状況に流石のアスタロトも呆れて口を開く。

「落ち着けよ」

「あの……何の用ですか?」

アスタロトの表情が以前のそれと違うように見えた為、もしかしたら今回自分に会いに来たのは別の目的かも知れないといつきは恐る恐るその目的を尋ねる。
この言葉を聞いたアスタロトはにやりと笑うと、すぐに邪悪な本性を表した。

「あの時はあっさり引き下がったが、やっぱお前は危ないからな」

「なななな、何を……」

「やっぱ消しとく事にしたわ」

最悪の想像が当たっていつきのストレスは一気にクライマックスに達する。生身のままではどうしようもないと、すぐに彼女は取るべき行動を取った。

(べるのーっ!はやく来てくれーっ!)

「別に抵抗してもいいんだぜ?あっさりやるのもつまらないしな」

余裕たっぷりのアスタロトは緊張で身動きの取れなくなっているいつきを前にふんぞり返っている。彼女は心の中で必死にヴェルノを呼んでいた。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P