携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:564ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

365

「まだ分かんない。幻龍さんが言ってるだけだし」

「危なくなったらその幻龍さんに何とかしてもらうとか?」

「あ、そうだね!頼んでみるよ。さすがゆきのん天才!」

雪乃のアドバイスを受けていつきの表情がパアアと明るくなる。こうしてこの相談は一件落着。安心した彼女はまるで何事もなかったみたいに別の話題を口に出していた。
いつきの不安がなくなった事がこの言動で分かった雪乃もまた喜んでその話題に付き合うのだった。

そして放課後、途中まで一緒に帰っていた2人はお互いの分かれ道で別れの挨拶をする。

「じゃあまたね〜」

「また明日〜」

ひとりになった彼女は不安がなくなった事もあって足取りも軽く、鼻歌を歌いながら陽気に自宅に向かっていた。特に何か嬉しい事があったと言う訳ではないけれど、この何もないと言うのがいつきにとっては幸せな事だった。

「うんうん、今日も順調じゃ」

「待っていたぞ」

脳天気に鼻歌を歌う彼女の前に突然現れたのは今一番会いたくない存在、悪魔アスタロトだ。この前触れもなく突然現れた恐怖の元凶を目にしたいつきは当然のようにパニックになる。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。