携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:660ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

329

「相手は神様だよ?簡単に触れちゃいけない問題だ」

「べるのは反対?」

「反対だけど……もう受けちゃったんでしょ?やるしかないよ」

流石に相手は神様だと言う事もあってヴェルノの声のトーンも若干下がり気味だった。いつもならもっと激しく抵抗するはずだと感じた彼女は少し怖くなってその不安を口にする。

「やっぱ今更出来ませんとか言ったら神罰が下るのかな?」

「それは分からないけど……例え悪い事は起きなくても運には見放されるかもね」

「何それ!やだ!絶対!」

神様のご機嫌を損ねたら今後二度と良い事は起こらない可能性がある、そう話すヴェルノの説にいつきは強い拒否反応を示した。その様子を眺めながら彼はいつきを鼓舞する為に強い言葉で宣言する。

「やるとなったら絶対に成功させようよ、もう後戻りは出来ないんだから」

「そうだね。よし、気合だあ!」


次の日の昼休み、いつものように雪乃との雑談でまたしても彼女は昨日の出来事を洗いざらい口にする。今までいつきの様々な武勇伝を聞かされていて大抵の展開になら耐性がついていた雪乃も、流石に今回のこの話には驚きを隠せなかった。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P