携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:563ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

328

「勿論じゃとも。詳しい事は省くがそれだけ力を失ったと言う事じゃよ」

幻龍の話がやっと現代に辿り着き、その流れを大体把握した彼女は改めてそこに自分の入り込む余地は無いように感じるのだった。

「それで、私に何を?」

「おお、そうじゃったな、つい昔話に夢中になってしまっておったわ」

「ええ……」

どうやら幻龍は自分語りに夢中になり過ぎて肝心のいつきへの頼み事を忘れてしまっていたらしい。神様らしくないこの反応に彼女も少し困惑する。
老人はカッカッカッカとまるで水戸の御老公のように高笑いをするとにやりと笑いながらいつきの顔をじっと見つめ、ようやく本題を話し始めた。

「儂からの頼みはの……」


その後、幻龍の話を聞き入れた彼女は開放される。無事に家に帰り着いたいつきは早速ヴェルノに事の顛末を洗いざらい話すのだった。

「えぇ?!それでその頼みを受けてきちゃったの?」

「うん、だって可哀想だったし」

彼の追求に対し、いつきはその話を聞き入れた理由を説明する。その説明を聞いたヴェルノは感情論で難しい問題に踏み入れたと憤慨する。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。