携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:664ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

324

いつきの質問に対し、幻龍はまず土地神の理を説明する。この手の話に特に興味のない彼女は老人が語る話に相槌を打つのが精一杯だった。

「それで頼みは言うのはの。いつき殿、どうか儂を助けてはくれぬか」

「はい?」

話半分で聞いていたいつきに幻龍はいきなり本題を突きつけた。この急展開に思わず彼女は聞き返す。さらに老人は笑顔を崩さずに言葉を続ける。

「お主にならきっと任せられると思うのじゃよ」

「いやいやいや、私が神様を助けるなんてそんな事……」

幻龍の頼みに対し、いつきは何とかそれを回避しようと言葉を探る。いつもなら何でも試したがりの彼女の事、この話の流れにすぐに同調するものだけど、流石に今度の相手は神様、要求するレベルだって高いはずだし、失敗したらどうなってしまうのかも分からない。そう考えると簡単に首を縦に振る事は出来ないのだった。

「別に難しい話ではないのじゃ……お主の活躍をずっと見ておったからのう」

「そんな、活躍と言う程の事は……」

「いやいや、十分な活躍じゃよ。お主なら出来ると儂は確信しておる」

「そ、そうですか?」

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P