携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:563ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

305

長とヨウの押し問答はしばらく続き、このままで話が進まないと感じた長はガルガルがおかしくなった原因を語る。

「此奴が狂った要因は頭の中に入り込んだ異物じゃ、今から儂がそれを取り除く!」

「それってまさか!」

ケンガを倒した事で自分の役割は終わったと思ったいつきは地上に戻って来ていた。降りた途端に長のその言葉が聞こえて来て、その状況に身に覚えのあった彼女はつい2人の会話に口を出していた。

「いつき殿?」

「お嬢さん、一体どうなされましたのじゃ」

ヨウと長に同時に話しかけられ、一瞬返事に困ったものの、ゆっくりと深呼吸して心を落ち着かせるといつきは長に対して口を開く。

「夢魔、ですよね。私そう言うの一度倒した事があります」

「もしやお嬢さん、たぬ吉を救ってくださった……」

いつきの口から出た話を聞いて長は思い当たるふしがあったのかすぐに反応する。流石この天狗山妖怪の長だけあって住人のたぬ吉の事もしっかり把握しているみたいだった。

「彼を知ってるんですか?」

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。