携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:660ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

299

彼の言葉を受けてちゃんとその戦いを見つめ直すと確かにヨウとガルガルの戦いはお互い真剣に本気でやりあっているのが分かって来た。一歩間違えば大怪我間違いなしのその攻防はお互いが紙一重の技の応酬で、だからこそ見ようによってそれは洗練された演舞にも見えるのだった。

「うーん、言われてみれば……。忍者って命懸けなんだ。よくやるなぁ」

「あんなのが人を襲っていたならそりゃ誰かが止めないとだね」

そんな上空の脳天気な観客をよそになかなか勝敗のつかないこの戦いにガルガルは焦り始めていた。いつもなら使えるはずの手段を封じられたのだからその焦りも当然のものだろう。このままではジリジリと敗食の色が濃厚になる。ガルガルはヨウと激しい攻防を繰り広げながら、この膠着状態を打破する手段を考え続ける。

「くそっ、ケンガが使えたならこんな……」

「どうやらこの勝負、オラに分があるべな!」

このまま行けば勝機はこちらにある!そう判断したヨウがガルガルに向かって勝利宣言をする。その言葉にイライラの頂点に達した彼が大声を上げた。

「ええい!出て来いケンガ!俺を助けろ!」

「お、何か出て来た」

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P