携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:564ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

282

戸惑う雪乃の様子を見てすぐにこれは説明が必要だなと感じたいつきは簡単にそうなった経緯を説明する。

「前に言った忍者の人に頼まれちゃって」

「大丈夫なの、それ?」

その説明を聞いてとりあえず納得した雪乃は改めてその話の安全性についていつきに尋ねる。その当然の反応に対して彼女はまるで何も考えてはいない風にあっけらかんと答える。

「うーん、多分大丈夫じゃないかな?」

「気を付けてね」

雪乃はいつきを心配するものの、何を言っても変わらないだろうなと諦めに似た気持ちにもなっていた。なので自分の気持ちをただ一言だけ彼女に伝えたのだった。

その頃、いつきの家の空き部屋ではヴェルノが魔法ステッキに魔法石を組み込み最終調整を繰り返していた。何度も微調整を繰り返した後、ついに魔法石とヴェルノの魔法同調が完全に同期してここにいつきの求める性能の魔法ステッキは完成する。

「出来た!」

出来たばかりのステッキを掲げてヴェルノは思わず大声を上げた。ずっと苦心しながら作っていた物が完成した事でヴェルノは何とも言えない達成感に包まれる。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P