携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:666ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

269

「私?私は別にいよ、別に気にしないし」

いつきを女子として意識するヨウに対して彼女はヨウをそう言う存在として意識はしていないらしい。その無防備さに彼は困惑しながら言葉を漏らすのだった。

「最近のおなごはよう分からないべ……」

「あ、そうだ!私も忍者さんに話があったんだった!だから是非家に来て!」

ここまで話していてこの間ヴェルノと話していた事を思い出したいつきはヨウの腕を掴んで強引に彼を家に引っ張っていく。この突然の彼女の行動にヨウは全く要領を得ないまま、成すがままになっていた。

「え?え?ええっ?」

強引に部屋に引っ張り込まれたヨウは借りてきた猫みたいに大人しくしていた。家に連れ込まれたところから一部始終を見ていたヴェルノは目を丸くして、ただただその成り行きを見守っていた。

「どうやってこの忍者見つけて来たの?」

「すごいでしょ、私の人徳だよ!」

ヴェルノの質問にいつきは胸を張ってドヤ顔で答える。その答えに彼が感心していると、ボソリとヨウが言葉を漏らした。

「いや、オラがお前さんに会いに来たんだべ」

「それって私の人徳って事でしょ?」

「全然違うべ」

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。