携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:564ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

263

「ここまで来たらもう私の問題でもあるんだから!逃げないでよ!」

「でも、役に立てなかった。いつきを守れなかった……」

強く言い放ついつきの言葉に対してヴェルノは前の戦いで不甲斐なかった自分を恥じていた。そんな彼の情けない態度にキレた彼女は自説を展開する。

「強くなればいいじゃん!私も出来る事は協力するから!」

「そんな簡単に……」

いつきの励ましの言葉にヴェルノは困惑していた。強くなるなんて事は自分には無縁だと思っていたからだ。そんな彼の背中を押すように彼女はサムズアップをしながらドヤ顔で口を開く。

「いや、べるのはもっともっと強くなれるよ!そんな気がする!」

「買いかぶり過ぎだよ」

「もうべるのはひとりじゃない。私がいるんだから」

「うーん……」

どれだけ肯定しても自分を卑下するヴェルノに対し、何て言葉をかけていいのか分からなくなって困ったいつきは考えを逆転させて、ここにいるべき理由を話す作戦に切り替えた。一旦深呼吸した後、ヴェルノの目を真剣に見つめながら彼女は口を開く。

「それにここを出た後に行くあてがあるの?またゴミあさりの日々に戻るだけでしょ」

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。