携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:664ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

256

ヴェルノを倒した事で目的のひとつを達成した彼は次にその攻撃のターゲットを目の前の魔法少女に切り替える。
ゆっくりと動くアスタロトのその腕の動きがまるでカウントダウンのようにも見えて恐怖に押し潰された彼女は絶望の中で絶叫する。

「う、うわああああっ!」

そんな時だった。いつきの危機を察した何者かがこの悪魔の作った異空間にやって来た。

「いつき殿ーっ!」

「な、何だ貴様は!」

この突然の来客にアスタロトもまた驚愕の表情を浮かべる。自分の技に最大の自信を持っていた彼はこの空間に許可していない他の誰かが侵入してくると言う事態を全く想定してなかったのだ。アスタロトに正体を問われたその者はよく通る声でその質問に答える。

「某はいつき殿に命を救われた者!いつき殿を狙う貴様こそ何奴!」

「ほう、使える仲間もいるじゃないか。そいつに免じて今日は引いてやろう。どうせお前など俺の邪魔にすらならん」

自分の作った異空間を破られた、その真実だけでアスタロトはあっさりと身を引くのだった。彼が消えた事で自動的に彼の作った異空間も消えていく。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P