携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:654ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

255

「魔女ごっこは楽しいか?小娘」

焦るいつきを見てアスタロトは勝ち誇ったように笑う。そして彼の攻撃をただひたすら受け続けていたヴェルノに早くも限界が訪れたようだった。

「いつき、ごめん、もうあんまり持ちそうにない」

「嫌だ、嫌だ嫌だ!こんな所で死にたくない!誰か助けて!」

もう何の手も思い浮かばなかったいつきは最後の手段で誰かに助けを求める。その声がどこにも届かない事を分かっていながらも、もうその位の事しか彼女に出来る事は残されていなかった。

「助けを呼んだ所で誰も来るものか!俺の作ったこの世界は人間界とは時間も空間も別の世界だ!」

「ギニャアアア!」

いつきが悪足掻きをしている間もずっと攻撃に耐え続けていたヴェルノがついに限界を超えてしまったらしい。突然絶叫した彼は次の瞬間、その場で意識を失って倒れてしまう。倒れたヴェルノを抱きかかえたいつきは必死に彼の名前を呼び続けた。

「べるの!べるの!しっかりして!べるの!ねえったら!」

「別にお前には何の恨みもないが……」

そんな状況を甘んじて見逃すアスタロトではない。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。