携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:566ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

251

魔法を奪って自分のものにするとかそんな事が可能なのかと――。
この質問にヴェルノは冷静に淡々と答える。

「ああ、魔力の発生源は魔法器官……こっちの世界の生き物にもそれ自体は備わっている。その器官を覚醒させ力を使えるようになった女性が魔女……。この魔法器官は霊的器官なんだ。詳しい説明は省くけど、やつはそれを奪う事が出来る」

ヴェルノの語る話はいつきには理解の難しいものだった。だから理解を深めるのではなく結果だけを頭に刻みつける。それはアスタロトは魔法を奪う事が可能だと言う事。次に彼女はそれに自分が当てはまるのか聞く事にした。

「私にもあるのかな?」

「あるよ?でも覚醒はしていない。この次元での覚醒は難しいんだ。だから僕の魔法領域を使って擬似的に魔法が使えるようにしてる。だからアスタロトが僕らを狙うのは本来おかしいんだ」

「どう言う事?」

「簡単に言えばアスタロトがいつきから魔法を奪うなんて出来っこないって事。だからこれは……」

ヴェルノの言葉は難しかったけど、アスタロトの行動がおかしいと言う事だけは何とかいつきも理解する。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P