携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:563ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

250

最初の理屈ならアスタロトに敵意のないいつきは彼の狩りの対象じゃない。
でも次に言い始めた理屈なら魔女そのものを強く否定する彼の目には彼女もまたその憎悪の対象になっているのは間違いなかった。アスタロトは更に言葉を続ける。

「こっちの世界に魔法は不要!よって魔女も不要!魔法は魔界だけのものだ!」

「だから魔女を?」

「そうだ、魔女の魔法は全て俺がいただく……。それで得た力で俺は復讐を果たす!」

アスタロトのこの行動は私怨から来ている……それはこの言動からも明らかだった。そこで彼女はその方向から彼を説得出来ないか対話を試みる。
もう逃げる事は叶わない、ならば積極的に関わってそこからどうにか隙を見つけるしかないといつきは腹をくくった。

「追い出された……んでしたっけ?魔界に復讐を?」

「そうだ!ヴェルノ!お前の両親もな!」

「くっ!」

アスタロトの恨みのこもった叫びにヴェルノが反応する。傷ついた彼はしかし彼に対して何もする事が出来なかった。

「べるの、魔女の魔法ってアイツに奪えるものなの?」

いつきはいつきでアスタロトの放った別の言葉が胸に引っかかっていた。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。