携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

21世紀初頭の日本の詩 (執筆中)

作:歌川四季 / カテゴリ:未分類 / 投稿日:'16年3月16日 22:24
ページ数:362ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

忙しいのに

新聞にて

「経済産業省は5日、大手電力に対し

石炭火力や原子力発電所で発電した安価な電気の一部を

新電力に供給することを義務付ける方針を明らかにした

経産省は福島第1原発事故の賠償費用を

新電力にも負担させることを検討しており理解を得る狙いもある

大手電力は原発などで発電した安い電気のうち

新電力の需要の3割分を

事業者同士が取引する日本卸電力取引所内に作る新市場へ出すことを義務づけられる

大手は石油火力など発電コストの高い電力中心に取引所に供給し

低コストの電力は自社用に回す傾向にある

原発は事故が起きた場合の処理や廃炉に巨費がかかるが発電コスト自体は低い

政府は1キロワット時当たりの発電コストを原子力10.1円以上

石炭火力12.3円

天然ガス火力13.7円

石油火力30.6〜43.4円

と試算している」

とのこと

また言うけど

発電コストとやらに

「事故が起きた場合の処理や廃炉」の費用を見込まないとダメなんじゃないの?

いままで原発事故が起きた時の積立金の見積もりが甘かったんでしょ?

見込んでも原発のコストが安いんだったら

賠償費用を新電力に負担させることないんじゃないの?

本来見積もるべきところに見積もらないと

何が安くて何が高いのか

見分けられなくなるんだけど

※この小説(ノベル)"21世紀初頭の日本の詩"の著作権は歌川四季さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P