携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:703ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

222

連絡があればすぐに呼び出し魔法が発動するのが分かっていながらも、装置の前から一時も離れられずにいたのだ。もう今日はいくら待っても連絡は来ないのかも知れないと半ば諦めかけた頃、そんな彼女達の忍耐がやっと報わる事になった。
そう、ついに装置が人間界からのエネルギーを受信したのだ。

「あっ!来たっ!」

「うおっ!ローズ、リップ!お前達か!」

装置を起動させていきなり現れた妹達の映像を目にしてヴェルノは驚いた。それは彼が3ヶ月ぶりに見る懐かしい顔。食い気味に顔を寄せてくる妹達に彼は少し昔の事を思い出して苦笑した。

「兄様、お久しぶりです!お元気そうで何より!私達もほらこの通り、元気ですわ!」

「おお……そうみたいだな。元気そうで何よりだよ。って言うか、あのさ、ずっと家空けててゴメンな……」

妹達の健気に元気そうに見せている姿を見てヴェルノは家出してしまった事を謝った。この言葉に対して兄思いのローズは彼の行動を肯定する。

「兄様は兄様の意思で家を出られたのでしょう?だったらどうか胸を張っていてください!」

「あ、ああ……お前達は相変わらずだな」

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P