携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

21世紀初頭の日本の詩 (執筆中)

作:歌川四季 / カテゴリ:未分類 / 投稿日:'16年3月16日 22:24
ページ数:362ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

年金未納問題8

以上のように

制度がとても複雑なので

ネットでいろいろ調べたが

間違いもあるかもしれませんが

正社員と公務員は

会社や税金が

半分、保険料を払ってくれるが

それ以外の者は

自分で全額、保険料を払わねばならない

制度を作っている公務員や

報道している正社員は

自分たちは半分

会社や税金で保険料を払ってもらっているので

さらに収入の少ない被扶養者の分は保険料払わなくていいので

それ以外の全額、保険料を自分で払っている者たちの

負担感が分からないのではないか?

以上のように

制度が複雑だと

何が原因で

何が問題なのか

分かりにくくなるのだ

※この小説(ノベル)"21世紀初頭の日本の詩"の著作権は歌川四季さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。