携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:566ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

209

「ちょっと、いいかな?」

「マ、マルコ師匠!お久しぶりです!今日はどう言った要件で?」

フード男をマルコ師匠と呼ぶ彼女の名前は藤堂清音。そう、以前いつきを追いかけ回していた例の魔女だ。ここは彼女の仕事場だった。と、言う事は自動的にヴェルノの父の知り合いが清音の師匠と言う事になる。魔法生物と知り合いなら彼らを大切にしろと言うのも納得の話だった。いやあ、世間は狭いねぇ。
彼は優しく笑って清音の緊張を解すとおもむろに口を開く。

「ははは、何だ、用事がないと弟子に会ってはいかんか?」

「い、いえっ、とんでもない!では私に会いに?」

「うんまぁ、用事がないと言えば嘘になるがな。どうだ、元気にしていたか?」

マルコに優しく声をかけられて清音は心を踊らせていた。どうも彼女は彼に心酔している様子。きっと良好な師弟関係なのだろう。

「ええ、見ての通りです」

「元気そうで何よりだよ。そう言えば、最近何かやらかしたみたいじゃないか」

軽い挨拶を済ませて、すぐにマルコは本題に切り込んだ。この突然の指摘に清音は思い当たるフシがたくさんあった為、焦って視線をそらし白を切っていた。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P