携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:660ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

196

たぬ吉の感謝の気持ちがその言葉から読み取れた彼女はしっかりと彼の気持ちに答えようと返事を返した。

「有難う、じゃあその時を楽しみにしているね」

「それじゃあ失礼するべ!いつきの事はずっと忘れないべよ!」

最後にそう言って、たぬ吉は弾むような軽やかな足取りで2人の前から姿を消していった。彼の姿が見えなくなって、いつきは今回の出来事に対して自分なりの感想を口にする。

「夢の世界って面白いね、思った通りになるなんて、癖になりそう」

いつきのその言葉を聞いてヴェルノは忠告する。

「ダメだよ、居着いたら夢魔になっちゃう」

この言葉を聞いて彼女は思わぬ夢魔の正体にびっくりしていた。

「え?夢魔って……」

「そうやって夢の中に居着いたものの成れの果てだよ」

「そうなんだ……」

夢魔の正体が夢の中に入り込んでその世界が気に入って出られなくなった人の成れの果てだったなんて……。この事実にいつきはちょっと怖いものを感じてしまっていた。ヴェルノは夢魔について更に補足の説明を得意顔になって続ける。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P