携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:563ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

175

他人に聞かれて笑われそうなものを探していたのかとちょっと身構えるものの、いつきは笑顔を崩さずにたぬ吉に優しく話しかけた。

「笑わないよ、うん」

「絶対に笑わないだべか?」

「だから笑わないって言ってるだろー!」

たぬ吉があんまりしつこく聞き返すのでこのやり取りを黙って聞いていたヴェルノが切れる。この反応にたぬ吉は両手で頭を押さえながら謝罪した。

「ひぃぃー!ごめんなさいだべ!」

「べるの!そんな喧嘩腰じゃあ……」

このヴェルノの態度をいつきは注意する。雰囲気が悪くなると普通なら話せる事も話せなくなるからだ。ここまでやり取りして来て、たぬ吉はこの喋る異形の猫に今更ながら興味を持ったようだった。

「そう言えばべるのさんとやら、お前さん、猫又か?」

また自分を変なものに例えられたと思ったヴェルノはそう話しかけて来たたぬ吉に喧嘩腰に反応する。

「猫又って何だよ?」

「猫の妖怪だべ。喋る猫と言えば猫又しかおらんじゃろ」

彼からの抗議を受けて、たぬ吉は少し怯えながら猫又の説明をした。この説明に自分の出自に誇りを持っているヴェルノはキレながら自分の正体をたぬ吉に説明する。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。