携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:563ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

第27話 妖怪からの依頼 その2

この驚きようから魔界にも化ける狸なんて言うはいないのだろうと言う事を伺わせた。
何も知らない彼にいつきは化け狸の説明をする。

「べるの、この子化け狸だよ」

化け狸と言う初めて聞く概念にヴェルノは素直な感想を口にした。

「化け狸?この世界の狸はみんな化けるの?」

「え、いや……昔話ではお馴染みの設定だけど普通の狸は化けないよ。私も初めて見たもん」

そう、一般的に化け狸は存在しない事になっている。狸は犬の仲間だし、化ける事はない。飽くまでも化け狸は昔話の中だけの存在だ。そんなメルヘンな存在が実在していた事について、いつき自身もまだちょっと信じられない状態だった。

「あの……今更だけどここはどこだべ?」

2人が混乱している中、化け狸が口を開いた。どうも現状認識をしようとしているらしい。この言葉にいつきはすぐに反応する。今までにも色んな信じられない事が起こっていたので、もう不思議な現象にも慣れっこになってしまっているようだ。

「私はいつき。そしてここは私の部屋よ。化け狸さんはどうしてあんな所で倒れてたの?」

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。