携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

21世紀初頭の日本の詩 (執筆中)

作:歌川四季 / カテゴリ:未分類 / 投稿日:'16年3月16日 22:24
ページ数:362ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

後世に伝えたいこの不適切(の訂正記事)

後世に伝えたいこの不適切(だが違法ではない?)

という作品で書いた記事が訂正されていたらしいので

続編を書いてみた

ずさんなのか意図的なのか

「新聞にて

年金試算、不適切な計算式を使用

厚生労働相が認める

年金の試算は5年に1度、時々の経済情勢に応じて年金制度を見直す財政検証で行うが

厚労省が不適切な計算方式を使い

現役世代の平均的な収入に対する年金額の割合(所得代替率)が高く算出されるようになっていた

政府は厚生年金の所得代替率について「50%以上を維持」と公約しているが

将来的に割り込む可能性が高くなった

厚労省は所得代替率を計算する際に

分母となる現役世代の収入は税や社会保険料を除いた手取りとし

分子の高齢者の年金は税や社会保険料を含めた収入としていた」

というような記事で

「不適切な計算方式を使い、現役世代の平均的な収入に対する年金額の割合(所得代替率)が高く算出されるようになっていた」とあるのは

「法律に基づく現行の計算方式では、欧米の一部の国の計算方式に比べて所得代替率が高く算出されていた」と訂正

「政府は厚生年金の所得代替率について『50%以上を維持』と公約しているが、将来的に割り込む可能性が高くなった」とあるうちの

「将来的に割り込む可能性が高くなった」は削除

現行の計算方式では50%を割り込まないように法律で定められている

厚生労働相が

「年金の試算について『役割を果たしていないこともありうる』と述べ、不十分だと認めた」とあるのは、

「計算方式を変えた場合の所得代替率について『物差しとしての役割を果たせないこともありうる』と述べた」の誤り

「年金 不適切な試算/厚労省 支給割合高く算出」の見出しは

「年金 支給割合高くなる計算法/欧米と異なる方式」に訂正

とのこと

結局なんで

「分母となる現役世代の収入は税や社会保険料を除いた手取りとし

分子の高齢者の年金は税や社会保険料を含めた収入としている」

のかよくわかんないけど

法律で定められている(違法ではない?)

らしいので

ずさんだからではないようだね

※この小説(ノベル)"21世紀初頭の日本の詩"の著作権は歌川四季さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P