携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:703ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

169

まだ特に行動を起こしていない事を盾に男は余裕の笑みを浮かべる。男はターゲットを警察官に切り替えてじわじわと彼の方へ距離を詰めていく。
その時、騒ぎが始まって静かになった繁華街の銃声が響き渡った。

「うわァァァァ!撃ったァァァ!」

男には当たらなかったものの、まさか撃たれるとは思っていなかった男はこの現実にひたすらビビっていた。そして恐怖が勝ったのだろう、今度は死にものぐるいで繁華街から逃げ出していった。

「威嚇でいいからビビらせたらいいんだよ、ああ言うのは」

銃を撃ったのは警察官の先輩のベテラン刑事だった。どちらかと言うとひょろっとしていてどこか頼りないメガネ警察官に対して、先輩刑事は体も大きく百戦錬磨の経験に裏打ちされた抜群の判断力を備えていた。この様子を見ていた警察官はそんな刑事に質問する。

「あの、追いかけなくていいんですか?」

「結構ああ言うのほど無害なんだよ。何、もう一度迷惑をかけたらその時は捕まえればいい」

「はぁ……」

ベテラン刑事のその答えに今ひとつ彼は納得出来なかったものの、もう相手が姿を消してしまっていたため、今回は警察としても探すのは止めた。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P